放課後等デイサービスの対象年齢

2014年11月25日

放課後等デイサービスを利用するには、対象年齢であることが決まっています。

放課後等デイサービスは、「放課後」とついているのですから、学校に通学している児童を対象とするものなのです。

法律では「学校教育法に規定する学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害児」と定められています。

放課後等デイサービスは障がいのある児童を対象にした施設です。なので、利用できる児童は「障害児」に限定されます。

年齢については、例外もあるものの、基本的には就学児童、いわゆる小学生から18歳の高校生までが対象となります。

幼稚園児のお子さんは対象になりません。ここは注意しなければいけませんね。

しかし、実際はすべての放課後等デイサービスの施設が、全ての就学児童を対象にしているとは限りません。

ある施設では小学校低学年から高校生までの幅広い年齢の児童を対象にしている場合もあれば、小学校の児童だけを対象にしている施設もあるからなのです。

放課後等デイサービスの利用を考えてみえる方は、施設に対象年齢に制限があるのかないのか確認する必要がありますね。

あとは、お子様との相性ですね。合わなければ、お子様の負担となってしまい行きたくないと言いかねませんから。
そうならない為にも事前に見学や体験することをおススメします。

今ではどこの放課後等デイサービスの施設でも予約さえしておけば気軽に見学や体験ができるようですしね。

いくつかピックアップした施設で比べてみるのもいいかもしれません。
サービスの内容・スタッフの対応など施設によって様々です。

岐阜・本巣・瑞穂でおススメの放課後等デイサービスはひまわり

http://himawari.link/

訪問介護でできることと出来ない事

2014年5月5日

訪問介護でできることと出来ない事

私の祖父が先日から介護をうけています。なかなか外にいきたがりません。なんせ、がんこなのでこまっています。デイサービスやリハビリ専門のサービスを受けてほしいのですが、そうはいかないみたいです。ですから、訪問介護をうけることにしています。

訪問介護とは本人さんが自力でできないような日常生活の援助や身体介護をお願いするサービスです。

できることとできないことが一般的にわかってない場合があります。

訪問してもらっていろいろな家のことや自分自身のことやってもらうので私お手伝いさんのように勘違いされる場合があります。

あくまでも介護保険という保険の範囲内やれることなので何でもかんでも揺れるというものではありません。

例えば具体例やれば身体介護ならば排泄の介助つまりトイレの介助やポータブルトイレの移動とかおむつ交換などが当てはまります。

その他だと食事の介助とか就寝起床 の介護着替えの手伝い体位変換も当てはまります

その他だと身だしなみの整容、洗面移動など、または通院や服薬の介助も大丈夫です。

認められないものは利用者の日常生活の援助の範囲を超えているや趣味や嗜好に関わるような趣味は認められていません。カラオケに行ったりパチンコに行ってするのが趣味なので認められません。

また認められないものは医療行為つまりマッサージであるとか注射であるとか胃瘻などのチューブ交換、リハビリなど。

24年の4月より一定の要件を満してる介護職員等であればたんの吸引や経管栄養が認められるようになりました。これももちろん意思に基づく医師の指示にもひらがななので必ず担当ケアマネさんと相談することが大事です。

それ以外で介護保険サービスの対象にならないようなものは具体的に言うと利用者以外のための洗濯や調理買い物など来客の応対お庭の草むしりや花木の水やり植木の剪定などの園芸また犬の散歩などのペットの世話などがあります

介護ではそういった介護のサービスを適切に利用して介護を楽しく進めていきたいと考えています。

訪問介護のヘルパーに聞いた訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

国家資格について】

2014年3月5日
今、流行りの「癒し」のマッサージ店は数多くありますが、どこも同じでは?と思っている方が多いと思います。まぎらわしいリラクゼーションを目的としたマッサージもあり国家資格を持たない民間の業者もあり無資格者の施術と知らないで受けている方もいると思われますね。だから国家資格を取得されているマッサージ師の方は、必ず施術者全員が、「あん摩マッサージ師」の免許保有をお客様にちゃんと知っていただくためにホームページに載せましょう。またマッサージを受けに行く方は、マッサージとあったら全員が国家資格を取得してるものだと思い込まないで、ちゃんと国家資格取得されているかをホームページで確認しましょう。なぜかというと、国家資格を持たない民間のマッサージは治療を主目的とはしていないため医療事故に対する危機管理や健康被害への認識がどうしても薄いので受ける際には注意する必要があるからです。しっかりホームページなどで確認して下さい。

センス

2014年2月3日
マッサージ師は国家資格を受けて合格した方なんですが、やはり腕やセンスがなければ 顧客獲得も厳しいでしょうね。私は割と 揉みかえしがあるのでマッサージ師によって 変わります。揉み返しがないマッサージ師もいます。でもちゃんとほぐれているんです。やはり揉み返しのないマッサージ師に頼んでしまいますね。強めのマッサージも好きですが 下手なマッサージ師だと反対に筋肉や筋が痛くなって 翌朝パンパンに硬くなってたり頭痛がするので非常に辛いです。強めでもピンポイントにほぐしてくれて揉み返しがないと感動します。センスはやはり大切です。そして人間の体をきちんと把握して なぜそうなるのかが読める人。なかなかいませんが、そういうマッサージ師が増えることを祈ります。こうして記事を書いている今も 肩がパンパンでこっています。

宣伝広告について

2014年1月16日
マッサージ師にとってホームページはもっとも宣伝するのに効果的なものです。マッサージを受ける側にとっても、迷った時にどのお店が良いのか色々とチェックすることができるので助かりますよね。今は何でもインターネットで調べたり探したりすることができるので便利ですよね。こういった時代だからこそホームページを有効に使わないと損です。またマッサージ院は宣伝広告のできる内容とできない内容とあります。例えば、チラシやパンフレット等(ダイレクトメール・FAX)ポスターや看板、新聞雑誌の広告は駄目なんです。反対に宣伝広告にあたらないものは、院内掲示、院内で配布するパンフレット等、そしてインターネットのホームページです。何かと宣伝広告に規制のあるマッサージ師はホームページで宣伝広告をしましょう。

定休日

2013年10月7日

サロンがオープンしてしばらく無休や不定休にする所が多いですね。お客さんの流れをつかむ為かもしれませんが、あまりあてにはなりません。休みはきっちり最初から決めた方がいいのではないでしょうか。従業員たくさん雇ってシフトを回しながら無休ならわかりますよ。1人やら2人では決めたほうが営業しやすいですね。無理にガツガツいく必要ないし、ガツガツ行けば地域性によっては、返っていい印象は与えられないと思います。予約入らなければお店を閉めたままで 予約の時間に合わせて店を開ける。テナントなどの路面店ではありえない話しです。光熱費がもったいないのでしょうが、それより「あそこはいつも閉まってる。」と言われてしまいます。それならマンションなどでやればいいのです。テナントで開店休業なんてお店やる意味あるのですかね。

ホームページで確認することは?

2013年7月19日

最近では、簡単でリーズナブルなお値段でうけられるマッサージ施設が増えてきていますよね。このストレス社会、毎日の激務に追われて疲れたサラリーマンやOLにとってこのようなマッサージ施設は癒しを実感できて便利な場所です。ただこのような施設は無資格の施術家の場合が多いと思います。わかった上で施術をされている方は構いませんが、中には知らないでマッサージをうけている方もみえると思います。ちゃんと国家資格を持っている施術家にマッサージをうけたいかたはホームページで必ず「あん摩マッサージ指圧師」の資格があるかを確認することですね治療院や整骨院では全ての施術家が有資格者で無いことが多くみられるので、免許をホームページで掲げていない場合は、必ず資格の確認を問い合わせるのも良い方法だと思います。マッサージ師のホームページを見る場合に必要なことだと思います。

リフレクソロジー

2013年6月9日

足裏反射区を刺激、反射療法とも呼ばれ、主に足裏(手平等を含む場合もある)特定部位を押せば体特定部位に変化が起こる現象を活用し、疲労改善などをはかる療法です。特に台湾式が痛い!痛気持ちいいが好きなアジア人にはいいかもしれませんが、棒を使って押されると激痛が走り、思わず声を上げてしまいます。何だか体にいいか悪いかわかりません。私中でリフレは英国式がリフレかなと思います。強くも弱くもなく、ちょうどいい圧で押したりさすったり、してくれます。足裏だけでなく側面や足首、ふくらはぎまで希望すればやってくれます。オイルやパウダーで皮膚に負担をかけないように行ってくれます。リフレに入る前足浴が気持ちいいんですよね。アロマとか入っていたら、癒やされる。大手リフレ店は、オプション追加追加で料金をあげようとしてきます。あまり気分がいいもではありません。商売としては必死なでしょうが。

マッサージ法

2013年5月9日

私は今覚えたいマッサージ法がある。それはスポーツマッサージ。甥っ子がサッカーをやってるで、それもアスリート並み練習をしています。それに最近成長期もさしかかっているで、よく関節や筋肉を痛めたりしているで、予防としてスポーツマッサージができたらなと、思っています。周りからは、叔母バカと言われますが、誰も私を止める事はできません。そんなこんなで、可愛い甥っ子に少しでも何かできないかと思っていたです。スポーツマッサージが出来る場合は、神経系疾患神経痛、マヒ、けいれん等。運動器疾患 筋肉痛、筋萎縮、関節拘縮、癒着剥離,骨折・脱臼・捻挫後遺症、疲労回復、消化器疾患、呼吸器疾患、泌尿生殖器疾患など。骨折・脱臼・捻挫後遺症場合、直後ははれてしまうで、1~2週間後からが目安だというです。

マッサージの特徴

2013年4月9日

マッサージは色々なマッサージがあります。うけに行くにもお店は色々とあるので迷いますね。マッサージをしてもらう側には人それぞれに症状が違いますし希望・要望もいろいろです。またマッサージの種類も増えています。自分の合ったマッサージ店をみつけるには、まずホームページで調べることです。どんなマッサージがあるかを知ることが大事だと思います。マッサージの種類が豊富になり何が違うの!?と思っている方も多いと思います。また今は様々なマッサージの手技を組み合わせている場合も多いと聞いたことがありますので、きっちりと区別をするのが難しいそうですが、それぞれのマッサージの特徴はあります。今はネットで「マッサージの違い」や「マッサージの特徴」などを調べれますので便利です。マッサージのホームページを見る時には、マッサージの種類や手技療法、特徴を確認してみましょう。